受験手続(43歳からの危険物取扱者資格試験講座)

受験手続(43歳からの危険物取扱者資格試験講座)

TOPページ 危険物取扱者資格試験について > 受験手続

 

受験手続

 ここでは、受験案内の入手から受験手続の流れについてまとめてみました。

(願書、受験案内などの入手)
 各都道府県:消防試験研究センター各道府県支部及び関係機関・各消防本部
 東京都:消防試験研究センター本部・中央試験センター・都内の各消防署
  受験願書及び郵便振替払込受付証明書は全国共通です。

(受験手数料)
  甲種:5,000円  乙種:3,400円  丙種:2,700円
   試験手数料は非課税です。一旦納入された試験手数料はお返しできません。
   受験願書提出の前に、郵便局にて振込みを済ませる必要があります。

(受験の申請)
  各道府県:消防試験研究センター各道府県支部
  東京都:消防試験研究センター中央試験センター
   各消防本部でも受付ができます。また、そのときに消防本部主催の「講習会」の申し込みや、試験のためのテキストの購入もできます。願書の郵送はできません。

(受験申請に必要な書類)
  受験願書
  甲種を受験する者は、受験資格を証明する書類(コピー可)
  乙種で火薬類免状による科目免除を受ける者は「火薬類免状」のコピー
  丙種で科目免除を受けるものは、消防団長、消防学校長が証明する書類
  危険物取扱者免状で既得免状がある者は、既得免状のコピー
  郵便振替払込受付証明書(受験願書添付用)
  写真1枚(受験申請前6カ月以内に撮影した正面の無帽・無背景。上三分身の
       縦3㎝・横2,4㎝ の大きさの枠なしのもの)
       受験申請時に使用した写真は、合格後、免状の交付にもそのまま使用
       されることになり、10年後の免状更新時までは変更できませんので、
       ご注意ください。

文責:コンテンツ執筆ライター 翔子

ページトップへ↑